結婚相談所ってどんなとこ?

 

 

「Marriage Life.com」 国際結婚のメリット

「結婚」という言葉はとてもあまく、幸福で美しい人を魅する言葉である。とくに、恋愛している青年男女にとってはそうである。それは、民族、国、宗教に関係なく男性と女性との間の崇高な愛情を昇華したものであり、幸せの結実でもある。
男女にとって、結婚は人生の旅路で最も重要で、記念すべき事柄であり、自己の運命を決定する大事な事である。

突然ですが、最近、私のいとこの叔父さんがタイ人女性と国際結婚しました。年の差はなんと20歳です。その女性はとてもかわいらしく、細身で色白で私とそんなに年が離れていません。近年、私の身近でも国際結婚という言葉をよく耳にし、目にします!また、その中でも多いのが中国人との国際結婚です!特に日本人が男性で、女性が中国人というカップルが多いですね。でもここ2〜3年は男性が中国人というカップルも多いとか・・。
厚生労働省のサイトを見たんですが人口動態統計によれば、結婚総数の約 5%が国際結婚でと言う事が分かりました!簡単に言うと20人に1人が国際結婚していると言う事になります。結婚総数に占める国際結婚の割合は 20年前にくらべ約10倍にもなったそうです。都道府県別のデータでは、総婚姻数における国際結婚の割合が最も多かったのは、やはり大都市の東京都のようですね。
ですが!依然として国際結婚はまだマイナーな存在じゃないかと思います。
そこで私なりに今、なにかと話題の中国にスポットをあて中国人との国際結婚について調べてみる事にしました!

まずはじめに、国際結婚に到る経緯には

     ●結婚相談所
      ●日本に出稼ぎに来た比人女性と知り合う
      ●自分が現地に旅行や商用で行き知り合う
      ●友人の紹介
      ●インターネットで知り合う

と主に以上のような形があります。「インターネットで知り合う」というのは欧米人が圧倒的なようです。出会い系サイトで英語が堪能の国民性が故に多くの他国女性がサイトにエントリーして知り合うのです。日本人の場合は言葉の問題でまず無いようです。
次に「日本に出稼ぎに来た比人女性と知り合う」とはフィリピンパブのような場所に通いつめて結婚するのですが、この様な形が実は様々な問題を惹き起こして他国の評判を更に落としているのも事実です。今ではタレントビザの審査が厳しくなかなか取得できないため日本人との偽装結婚をしてまで日本へ出稼ぎをもくろむ者も出る始末で逮捕者も多く出ています。
また、「友人の紹介」とは既に他国女性と結婚してるカップルに紹介してもらうもので少ないですが居られます。「現地に旅行や商用で行き知り合う」形も多く、日本の大学留学生が現地の女性と知り合い結婚と言うのもあります。
「結婚相談所の紹介」は本来、商業目的の結婚相談というのは違法行為としていますが、蛇の道は蛇で儲けが多いことから日本に多数の業者が居ます。程度は様々でかなりアフターケアーの良いとこからそうでないところまで色々のようです。

中国人女性と国際結婚する時のメリット

  *好みのタイプの女性と結婚できる可能性が高い
   *気に入った女性がはやく見つかる
   *歳の差は20歳くらいまで許容範囲なので子供の欲しい方は若い女性と結婚できる
   *子供が日本語と中国語を話せるようになる

現代の日本女性は晩婚化が進み、なかなか結婚を急がなくなりました。その理由は男性に求める理想像がかなり高い事だと言われています。
さらに条件として親や家族との同居はタブーと言われております。

その理由は主人以外の人間にまで気を使う事の煩わしさからです。
ましてや「姑との対立はめんどう」などが理由としてあるとテレビや女性雑誌などで言ってました。

それに比べ中国女性は家族や親との同居は当然のごとく当たり前の事だと思っています。
日本より家族愛、家族親族を敬い仲良くすることが自然と考えております。

最近の日本女性は上辺のルックスを男性に求めますが(結婚の条件3高)プラス、ルックスも大きな条件になっているようです。

中国女性は見た目だけでは判断しません、真面目に仕事をしている事がなによりの条件です

妻を大切にし家族思いの主人が理想です。基本的に50年前ぐらいの日本的な考え方です

無駄なお金は一切使わない(お金を大切にします)しっかりした妻になると思います。

再婚の男性でも受け入れます。以前は以前、今現在の妻に優しく家庭を大切にする気持ちがあれば問題なく結婚てくれます。

考え方が現実的でウジウジ過去を詮索したりしない欧米的感覚があります。

性格的にはストレートに考え行動しものを言います、回りくどい言い方は通用しません。
日本以外のほとんどの国はそうだそうです。

check

デザイナーズマンション

Last update:2017/10/5